「痛み」は患者様ご本人だけにわかるつらい症状です。
検査によって痛みの原因が判明し、医者が「原因を治療したので痛みはないはずです」と宣言したとしても、本人が痛いと感じるのであれば、原因の治療とは別にその痛みを取り去り、または緩和する治療(ペインクリニック)が必要なのです。「痛み」は当院の山田院長の専門領域であり、腰痛・膝の関節痛・帯状疱疹後の神経痛・慢性疼痛など患者様がお悩みの「痛み」全般に対して神経ブロック療法や投薬をおこない、患者様のQOL(生活の質)向上を目指します。また麻酔科医として厳重に管理された強力な医薬品を取り扱う知識と経験を応用し、癌性疼痛のコントロールや、慢性疼痛や他科疾患に対してのアドバイスもおこなっています。痛みは知覚神経を通って頭で痛みとして感じるだけでなく、反射性にその部分への血流を悪くしケイレン(凝り)などを引き起こすことで、さらに痛みを増加させるという悪循環を形成します。特に慢性的に痛みのある方はこういった傾向が強くなりますが、この悪循環を断つことによって、原理的に短時間しか作用しない神経ブロックでも長期的な効果を得ることができます。交感神経をブロックすることで血管を拡張させ血流を良くし、阻血による痛みを取ること、また血行を良くして自然治癒力を高めることも期待できます。
なかなかとれないつらい痛みにお悩みの方は、当院のペインクリニックにご相談ください。

当院は予約なしでも診療可能ですが、お待たせしない「予約制」も採用しています。
健康保険証をご持参の上ご来院くださいますようお願いします。