当院のもの忘れ外来は原則予約制とし、受診者の年齢は 50 歳以上の方に限定させていただきます。
当院のもの忘れ外来は、MRIによるVSRAD検査・海馬測定など検査を含めて診療しています。
もの忘れ外来の受診につきましては、ご本人のほかに、ご本人の日常生活をよくご存じの方(ご家族・ご友人など)の付き添いが必要です。
最近もの忘れが多い…
だいたい 50 歳をすぎる頃から、多くの方が「最近もの忘れが多くなった」と感じるようです。そしてたいていは「年齢のせい」と考えて、それほど気にすることなく過ごしています。 もの忘れが『正常加齢に伴うもの』であれば、それは加齢による一般的な現象であり、いわゆる病気とは違います。
しかし、もの忘れには『うつ症状など精神的な原因によるもの』や、『病的認知症の初期段階』があり、これらは明らかに疾患であり、加齢による一般的な現象とは厳密に区別されます。現在の日本では85歳以上の高齢者の4人に1人が認知症であるといわれています。認知症は何らかの原因で記憶や判断力などの脳の働きに障害がおこる病気で、進行すると日常生活に支障をきたすようになります。
しかしひとくちに認知症といっても、後述するようにさまざまな疾患や原因があり、その種類や進行度合いにより治療の方法や有効性がまったく異なります。そのため症状に気づいたら早めに受診して適切な治療を受けることが必要です。
当院の『もの忘れ外来』では原因を特定するために院内のMRIと組み合わせた『VSRAD;ブイエスラッド』という最新の診断システムを導入しています。
認知症によるもの忘れ 時間や場所の記憶が不確かになってきた。 何度も同じことを言ったり、尋ねたりする。 慣れている場所で道に迷った。日常服用していた薬の管理ができなくなった。以前好きだったことや、趣味に対して興味が薄れた。 鍋をこがしたり、水道の閉め忘れが目立つようになった。 料理のレパートリーが減り、同じ料理ばかり作るようになった。 以前より怒りっぽくなった。 財布を盗まれたといって騒ぐことがある。映画やドラマを理解できない。

認知症の原因

アルツハイマー病 / 血管障害性認知症 / レーヴィー小体型認知症 / 前頭側頭型認知症(ピック病) / 脱水、ビタミン欠乏 / 甲状腺機能低下症 / 各種感染症 / 正常圧水頭症 / 脳腫瘍

アルツハイマー病と診断されても、初期の前触れの段階で発見できればその進行を防いだり遅らせることが可能です。治療薬も日々研究されていますので早 期発見/早期治療を心がけてください。
最新の知見については医師にお尋ねください。
うつ病などの精神疾患が原因になることがあります。この場合の治療方法はアルツハイマー病などとは根本的に異なりますので、もの忘れが気になりましたら早めの受診をおすすめします。

物忘れ外来ではお待たせしない「予約制」を採用しています。必ずお電話にて簡単にご予約の上、健康保険証をご持参くださいますようお願いします。